18319033_622224257970307_1235292988331540999_o

 

写真は全日本選手権Jr. B クラス 5000m エリミネーション。

カザックスの加藤選手が最初の周から飛ばし二位以下を一周抜かしで優勝しました。
今大会の細かい作戦は無し。私からの指令は1つ..「影も踏ませないで勝て」でした。
この傲慢とも言えるミッションは今年一月から常に彼に言い続け、時にはプレッシャーになった事でしょう。

18121514_620638248128908_1184164630998170053_o

300mは27秒台で19歳以下のJr. A の優勝タイム以上、シニアを合わせても全国4位の成績でした。同クラスでは圧倒的なスピードが有ります。
しかし長距離でスタートから先頭に立ち勝ちきるのは本当に難しいと言うのは、この競技をしている誰もが知っている事でしょう。

大会を通してコンディションは100%とは言えず、特に二日目の調子が悪かったです。コンスタントに出ていたラップ16秒台が出なくなり、前日までの疲れが出ていたようでした。
逆に一緒に練習をつけてあげている他チームのライバル選手が17秒8までラップタイムを上げ全く油断できる状況では無くなりました。
それでも一切守りに入ることなく攻め続けた13歳加藤優弥!
明日からは全日本代表候補合宿です。年齢的にまだ代表にはなれませんが、国内の強豪選手と切磋琢磨し更なる成長に期待したいと思います!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中