事前練習の機会も無く、天候の関係で初めてぶっつけ本番のリンクとなるkazaxの選手二人。
父の教え…「リンクとお友達になりなさい」を念頭に事前練習ではリンクの素材に慣れさせる事を重視させ試合に臨みました。どこまで押せば横滑りしてしまうか、どう乗れば進むかを体にしみこませるのです。
18155799_10155328310889214_5560834504124668716_o
kazaxの父、雪雄。64歳でもなお現役で4月末中国で開催された国際大会、40歳以上の部でも優勝しました。

もっとスピードを出させたいのですが、レース開始までに時間も無く、加藤のケガの調子も思わしくない状態。第一試合でスピードを出し、本番の中で見極めていくような状態でした。
しかし、前日の雨とその中でも諦めずにリンクの掃除をしてくださった方々のおかげで、日曜日のリンクコンディションが最高でした。通常、この時期の千曲川のリンクはグリップが悪く、慣れていない選手にとって難しいリンクですが、とても滑りやすかったです。ありがとうございました。

20449169_10155641815469214_1906754133646492486_o
予備予選と初戦は上位選手と下位選手のトーナメントから始まり、川口vs中井以外の対戦ではレベル差が大きいため番狂わせは起きにくい状況でした。写真は是津VS津幡。レース前に冗談で「作戦は例のアレな」と是津君の前で伝えると、是津君からは「俺の作戦教えたろうか?ごり押しや!」とのアンサーが。作戦通りスタートから飛ばし最初の100mを11秒前半の好タイムを出してきました。
彼は長距離の選手で、短距離は比較的苦手だったのですが、この一年で体が絞られスピードが上がってきています。津端君は手も足も出ず1回戦敗退でした。
20476490_10155641838769214_2985984872251507389_n

直後の加藤vs鶴谷の同学年対決。加藤君はケガの痛みとリンクの状況を見るために1回戦から全力で滑る予定でした。
結果は加藤君が危うい所なしに勝利しましたが、タイムを見ると得意の100m11秒3でいつもに比べて決して良くありません。残りの2ラップも遅くやはり調子が悪いようです…
次の対戦は好タイムで津端君を降した是津vs加藤。ここまでは内心、加藤君には厳しい状況だと思っていました。
患部を冷やして、休んで、動いての繰り返し。骨などに異常はないものの、この部位の強打は初めての経験なのか力が入りにくいようです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中